看護学生レポート » 基礎看護技術レポート

基礎看護技術レポートカテゴリ

介達牽引について、介達牽引の目的、留意点、適応、観察項目、アセスメントなど。骨折、脱臼の整復、疼痛緩和、拘縮・強直の矯正と予防のため介達牽引を行う。
包帯法の6つの目的、注意事項、留意点、観察ポイントなどのまとめです。環行帯、螺旋帯、蛇行帯、折転帯、麦穂帯、亀甲帯のそれぞれ手順についてイラスト図で説明します。
子宮復古のための観察とケア、子宮復古ケアの手順、悪露の観察、確認のポイント、子宮復古のためのケア、保健などについてまとめます。子宮復古とともに褥婦がセルフケアを行えるよう支援する。
経鼻カニューレによる酸素吸入の目的、留意点、必要物品、手順、観察項目についてそれぞれまとめます。経鼻カニューレは循環動態の改善と予防をはかる酸素療法の一つ。
超音波ネブライザーによる吸入の目的、留意点、必要物品、手順、観察項目をまとめます。超音波ネブライザーでの吸入は喀痰排出援助、気管の加湿に、必要に応じて薬剤を使用する。
体温低下、便秘などの患者に対して温罨法を行う。血流、新陳代謝の促進、筋肉をほぐす。温罨法,部位,温め箇所などについてイラストでまとます。その他、温罨法の留意点、必要物品、手順(湯たんぽ、温湿布)、観察項目についてそれぞれまとめます。
静脈内注射の実地について。静脈内注射の目的、必要物品、留意点、手順と根拠、観察ポイントについてそれぞれまとめます。薬効作用は迅速、強力に作用するため、薬液注入後は患者の状態をよく観察する。副作用出現の早期発見につとめる。
食事の援助について、留意点、食事援助の必要物品、食事援助の手順、食事援助の観察ポイントなどについてまとめます。誤嚥、食事量、食事内容、食事時間、満足感、食欲、食後の痰、むせ、声の変化など注意しながら観察・援助します。
陰部洗浄についての目的、手順、留意点、必要物品、観察ポイントについてまとめます。入浴やシャワー浴などが難しい患者に部分浴として陰部洗浄を行う。皮膚を清潔を保ち感染予防(尿路感染など)。皮膚、粘膜の状態の確認。 色、乾燥、発赤やただれ、びらんの有無。不快感、掻痒感の有無。など注意しながら陰部洗浄を行います。
浣腸の目的と禁忌、留意点や手順についてまとめます。 主にグリセリンを使用した浣腸の方法について便秘の患者に対しての手順をまとめます。自然排便が難しい患者、腸管検査の前処置としてグリセリン浣腸を行います。