超音波ネブライザーによる吸入の手順

超音波ネブライザーによる吸入の目的、留意点、必要物品、手順、観察項目をまとめます。超音波ネブライザーでの吸入は喀痰排出援助、気管の加湿に、必要に応じて薬剤を使用する。

目次

超音波ネブライザーによる吸入の目的

湿度が低下すると気道内の分泌物の粘性が増し、呼吸困難となる。
気道を加湿し、気道の痙攣や疼痛を緩和、分泌物の粘性低下などを目的とする。
また、喀痰溶解薬、気管支拡張薬、界面活性剤、生理食塩水を直接気管内へ噴射し、気管支腔内の浄化、気道の確保、喀痰を排出しやすくするなど、呼吸状態を整える。
nebulizer_image.jpg

超音波ネブライザーによる吸入の留意点

  • 口腔内に溜まった薬液は嚥下せず、喀出する。
  • 吸入の途中でも、咳嗽を行う。
  • 気管支拡張薬の使用時は副作用として動悸、嘔吐、悪寒、頭痛、興奮、しびれなどがある。
  • ホース内に貯留した水分はその都度除去する。
  • ネブライザによる噴射は湿度により寝衣やリネンが濡れやすい。

超音波ネブライザーによる吸入の必要物品

  • 超音波ネブライザ
  • 薬液
  • 注射器
  • アルコール綿
  • 蛇管
  • 膿盆
  • タオル
  • コップ(含嗽用)

超音波ネブライザーによる吸入の手順

  1. 患者に説明し、同意を得る。座位、半座位で準備する。
  2. 必要物品を準備する。
  3. 指示書と薬剤の種類、量、患者名と一致しているか確認する。
  4. 作用槽に水を必要量そそぐ。
  5. 薬液槽に薬液を入れ、カバーを付ける。
  6. スイッチを入れ電源をONにする。噴霧状態、噴霧量を調整する。(噴霧量がすぎるとむせる)
  7. 患者の胸、顔周りにタオルをかけ、マウスピースを咥えてもらう。
    超音波ネブライザー,吸入,喀痰
  8. ゆっくりと深呼吸をしてもらう。口から吸って鼻から吐く。
  9. 薬液が無くなったらスイッチを切って吸入を終了する。
  10. 片付けを行う。マウスピースの消毒、ホースなども消毒する。
  11. 開始時と終了時の時刻、患者名、実施者などを記録し、患者の状態を観察する。

超音波ネブライザーによる吸入の観察項目

呼吸困難の有無
動悸、嘔吐、悪寒、頭痛、興奮、しびれ など薬剤の副作用の有無
喀痰排出援助の目的の場合、喀痰の出やすさを観察。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる