2016年1月アーカイブ

食事の援助について、留意点、食事援助の必要物品、食事援助の手順、食事援助の観察ポイントなどについてまとめます。誤嚥、食事量、食事内容、食事時間、満足感、食欲、食後の痰、むせ、声の変化など注意しながら観察・援助します。
血液疾患患者の看護について。血液疾患の主な症状として、易感染症状、貧血、出血症状などがあり、全身症状の観察が必要である。貧血、感染、出血のそれぞれの症状に対して介助、食事、予防、教育など、適切な看護方法をまとめます。