看護学生レポート » 基礎看護技術レポート » 陰部洗浄の手順       

このページでは看護学生時代の学生レポートを載せています。間違った情報が載っていることもあります。コピペ提出はおすすめしません!

陰部洗浄の手順

陰部洗浄についての目的、手順、留意点、必要物品、観察ポイントについてまとめます。入浴やシャワー浴などが難しい患者に部分浴として陰部洗浄を行う。皮膚を清潔を保ち感染予防(尿路感染など)。皮膚、粘膜の状態の確認。 色、乾燥、発赤やただれ、びらんの有無。不快感、掻痒感の有無。など注意しながら陰部洗浄を行います。

陰部は刺激に弱く、汚染されやすいため、陰部洗浄の手順はよく注意して行う。

陰部洗浄の目的

  • 皮膚を清潔を保ち感染予防(尿路感染など)。
  • 陰部付近の臭いの除去
  • 気分を爽快にする。
  • 陰部の観察(発赤、炎症など)

陰部清拭だけでは十分に清潔を保てない場合洗浄を行う。

陰部洗浄の必要物品

  • 陰部洗浄用ボトル(39℃程度)
  • 便器、必要に応じてオムツ
    ※オムツ着用の場合は便器を使わずオムツで吸水しながら行う。
  • 微温湯(39度程度)
    ※陰部は温度や刺激に弱いため低めの湯を準備する。
  • 石鹸
  • ディスポーザブル手袋
  • 未滅菌ガーゼ
  • タオル
  • バスタオル
  • 綿毛布
  • 防水シーツ

陰部洗浄の手順

  1. 患者に陰部の洗浄を行うことを説明し、同意を得る。
  2. カーテンやスクリーンの設置、プライバシーを保護する。
  3. 必要物品を準備し、患者の体勢を整える。
  4. 患者の体の下に防水シーツを敷き、保温のために綿毛布を上半身にかける。
  5. 肛門部下に便器を設置する。
  6. 下肢にはそれぞれバスタオルで覆う。
  7. 恥骨上縁~両鼠径部あたりにタオルを当てておく。※洗浄の際の飛び散りをカバーする。
  8. 前腕内側あたりで湯温を確認しておく。
  9. 皮膚、粘膜の状態を観察する。
  10. ガーゼに石鹸をつけて泡立て、陰部洗浄用ボトルで陰部を洗浄する。
    陰部洗浄

    女性の場合

    大陰唇を指で開き、ガーゼで皮膚の重なる部分を尿道口~小陰唇に上から下へ拭く。
    尿道口、小陰唇から外側へ放射状に拭く。
    ※尿道、膣など感染の恐れのある部位を一番清潔に保つため。
    外陰部、鼠径部、会陰部などもよく洗浄し十分な湯量でもって洗い流す。

    男性の場合

    包皮の皮膚をずらし、尿道口、亀頭、陰茎の体部、根部を洗う。
    陰嚢の裏側など、皮膚の重なる部分を伸ばして洗う。
    ※包皮と亀頭部の隙間は恥垢がたまりやすく亀頭炎の原因ともなる。
    鼠径部、会陰部などもよく洗浄し十分な湯量でもって洗い流す。

  11. 最後に肛門部を洗浄する。
  12. 皮膚の重なりを伸ばしながら水分を十分ふき取る。
  13. 清潔な下着、オムツを着用する。
  14. 物品を片付け、手を洗う。※物品と汚染物は分けて処分する。

陰部洗浄の観察ポイント

  • 皮膚、粘膜の状態の確認。
  • 色、乾燥、発赤やただれ、びらんの有無。
  • 不快感、掻痒感の有無。
  • 分泌物の性状、量、有無。
  • 汚れ、臭いの残留の有無。
  • 下痢、失禁の程度、有無。

陰部洗浄の留意点

  • プライバシー、羞恥心に十分配慮し、カーテン、スクリーンの準備をし、不要な露出は避ける。
  • 陰部は物理刺激、化学刺激に弱いため、湯温を前腕内側などで確認しながらかける。「熱くないですか?」など声かけをしながら行う。
  • 陰部は皮膚の重なる部分が多く汚れがたまりやすいため、皮膚を伸ばして十分洗浄する。

陰部が汚染されやすい理由

陰部は汗腺であるアポクリン腺が多く存在し、汚染されやすく臭気が発生しやすい。また、常に下着を着用し風通しが悪く、臥床時間が長いと湿度、温度が高い状態が続く。感染による掻痒感、炎症などが発生しやすい。

recommend