看護学生レポート » 解剖生理疾患レポート » 腸・腹膜の疾患       

このページでは看護学生時代の学生レポートを載せています。間違った情報が載っていることもあります。コピペ提出はおすすめしません!

腸・腹膜の疾患

腸・腹膜、消化器の疾患について腸炎,イレウス,ヘルニア,大腸ポリープ,大腸ポリポーシス,大腸憩室,大腸ガンなど

腸炎

感染性胃腸炎

  • ウイルス...ノロウイルス、ロタウイルス
  • 細菌.........病原性大腸菌(O-157など)、血便が出る。

潰瘍性大腸炎、クローン病

潰瘍性大腸炎 クローン病
大腸のみ 場所 消化管全部
粘膜~粘膜下層(浅い) 深さ 粘膜~漿膜まで(深い)縦走潰瘍
直腸から連続的に 病変 不連続(スキップ病変)
未解明 原因 未解明  ※肉の食べすぎ説もある

腸結核症(回盲部)

症状:回盲部に輪状の潰瘍ができる。

chou1.jpg

※回腸末端はリンパ節が多い。胃は塩酸で守られているためリンパ節は少ない。

虚血性大腸炎

chou2.jpg

原因:大腸の動脈が何かしらの原因で塞がり、血液の循環が滞って起こる。

イレウス(腸閉塞)

機械的

  • 単純性...手術や炎症による癒着
  • 複雑性...絞扼性(S状結腸軸捻転)

chou3.jpg

機能的

  • 麻痺性イレウス...炎症の周囲が麻痺して詰まる。
  • 痙攣性イレウス...腸管の一部が痙攣を起こして詰まる。(薬物中毒などでおこる)

虫垂炎

内臓痛 → 腹膜炎症 → 体性痛

症状:圧痛、反跳痛(押した後、離した時に痛む)、筋性防御

chou4.jpg

ヘルニア

臓器などが本来あるべき場所からはみ出ること。

  • 鼠径ヘルニア
  • 大腿ヘルニア

chou5.jpg

  • ヘルニア嵌頓(出たまま戻らなくなる)

chou6.jpg

※血管を締め付けてしまった場合緊急手術が必要

大腸ポリープ

腺腫性 → 悪性 → 直径2cmで大腸癌

大腸ポリポーシス(ポリープが100個以上)

家族性腺腫性ポリポーシス(悪性)

常染色体優性遺伝。40~50歳で癌

ポイツ・イェーガー症候群(良性)

常染色体優性遺伝。メラニン色素沈着

クロンカイト・カナダ症候群

爪の萎縮、味覚障害、全身の脱毛がおこる。

大腸憩室

筋層の薄い部分からはみ出る。

chou7.jpg

大腸ガン

chou8.jpg

便がたまる場所に発生しやすい。
便は胆汁を含む → 胆汁=発ガン性

肉類をたくさん食べる → 脂肪消化のため胆汁が増加 → 大腸にくる → 便がたまる場所がガンになる。

その他の腸疾患

過敏性腸症候群

原因:ストレスや生活の乱れ。
兎糞便が出る = 痙攣性便秘

セリアック症

小麦、大麦などに含まれるグルテンに対する自己免疫疾患。

小麦粉を食べる → グルテンに対する免疫反応 → 上皮組織を攻撃 → 炎症 → 小腸が栄養を吸収不可 → 栄養失調

乳糖不耐症

ラクターゼ(乳糖→ガラクトースに分解)の働きに問題がある。牛乳で下痢を起こす。

盲管症候群

糖・タンパク質・脂質・ビタミン・電解質・水などのいずれか、または複数の栄養素の吸収障害によって起こる種々の疾患の総称。

肛門部の疾患

肛門部には静脈弁がなくうっ血しやすい。

chou9.jpg

歯状線...粘膜と皮膚の境目

内痔核=粘膜=痛みを感じない。
外痔核=皮膚=痛みを感じる。

裂肛

切れ痔。便秘などでかたい便をしたときに切れる。

痔瘻

肛門腺の感染によって起こる。

recommend