看護学生レポート » 看護概論レポート » 発熱で入院した患者の看護       

このページでは看護学生時代の学生レポートを載せています。間違った情報が載っていることもあります。コピペ提出はおすすめしません!

発熱で入院した患者の看護

発熱が主症状で入院した場合の患者の看護、ケア(観察・援助・教育)、その根拠について。

バイタルサイン測定

発現状況、随伴症状も観察。

[根拠] 現在の状況、発現状況、随伴症状を知る事で適切な看護ケアを計画する。

罨法

悪寒戦慄がある場合、温罨法。おさまったら冷罨法に切り替える。

解熱剤

症状緩和のため。

水分補給

[根拠] 発熱による発汗で脱水症状を起こさないように。

必要時点滴

経口での水分補給が困難な場合、点滴によって体内の水分バランスをとる。

寝衣交換

[根拠] 発汗により濡れた寝衣を交換し、不快感を解消する。

清拭

[根拠] 発汗による不快感の解消。

全身清拭の手順

口腔ケア

二次感染の予防

recommend