看護学生レポート » 看護計画 » 創部から出血:縫合不全、感染       

このページでは看護学生時代の学生レポートを載せています。間違った情報が載っていることもあります。コピペ提出はおすすめしません!

創部から出血:縫合不全、感染

手術後について、起こりうる術後合併症(縫合不全、縫合不全、感染)とその根拠。それぞれ縫合不全、縫合不全、感染についての術後観察項目についてまとめます。

起こりうる術後合併症、創部からの出血、とその根拠

出血は24時間以内に特に多い。創部感染の場合、術後3~4日頃から兆候が出る。

縫合不全は術後2~14日後頃に発生しやすい。吻合部における血流障害や過度の緊張、感染は縫合部の離開の原因となる。皮膚の状態やTP、Albの検査結果を確認し、創傷治癒遅延の要因である低栄養のアセスメントが必要。

術後の観察項目

  • 創部の出血、皮下出血の有無
  • 発赤、腫脹、熱感、疼痛の有無
  • ドレーンからの排液と性状と量
  • 発熱の有無
  • WBC、CRP、TP、Alb

術後1日目

  • 出血のリスク
  • 慎重に観察

術後1~3日目

  • 創部の感染リスクが高い
  • 発熱、CRPなどの検査に注目

術後4~6日目

  • 感染兆候の有無などを継続的に観察

recommend