看護学生レポート » 看護計画 » 消化器:腸閉塞の術後合併症と観察項目       

このページでは看護学生時代の学生レポートを載せています。間違った情報が載っていることもあります。コピペ提出はおすすめしません!

消化器:腸閉塞の術後合併症と観察項目

消化器手術後について、起こりうる術後合併症とその根拠。消化器:腸閉塞についての術後観察項目についてまとめます。看護計画作成の参考に...。

消化器:腸閉塞に起こりうる術後合併症とその根拠

蠕動運動が低下するも、術後24~72時間で回復。
麻酔薬の影響や離床が進まない場合、蠕動運動の回復が進みにくく、イレウスを起こしやすい。

消化器術後の観察項目

  • 腸蠕動運動音・腹痛の有無
  • 腹部膨満の有無
  • 排ガスの有無

消化器疾患、術後1日目

  • 出血のリスクが高い
  • 慎重に観察

消化器疾患、術後1~3日目

蠕動運動が回復しているか確認

消化器疾患、術後4~6日目

  • 離床の進み具合、蠕動運動の回復、排ガスの有無など合併症を判断。

recommend