看護学生レポート » 看護計画 » 循環器:循環動態の変動、後出血       

このページでは看護学生時代の学生レポートを載せています。間違った情報が載っていることもあります。コピペ提出はおすすめしません!

循環器:循環動態の変動、後出血

循環器手術後について、起こりうる術後合併症とその根拠。それぞれ循環動態の変動、後出血についての術後観察項目についてまとめます。

循環器に起こりうる術後合併症とその根拠

麻酔からの回復に伴い、血管が拡張し循環動態も回復。止血操作が不十分な場合は、術後24時間は特に後出血が起こりやすい。出血が多い場合は血圧低下、ショック状態を起こす場合がある。

血圧が高い場合は、出血を助長するため注意が必要。

循環器術後の観察項目

  • 血圧
  • 脈拍
  • 意識レベル
  • 皮下出血の有無・創部の出血
  • 発赤、腫脹、熱感、疼痛の有無
  • ドレーンからの排液と性状と量
  • in-outバランス
  • Hb、RBC、Ht

循環器疾患、術後1日目

  • リスクが高い

循環器疾患、術後1~3日目

  • 後出血のリスク低下
  • 循環動態安定の時期

循環器疾患、術後4~6日目

  • 合併症を起こすリスクは低下
  • 問題がない場合は、優先順位は低くなる。

recommend