看護学生レポート » 看護計画

看護計画カテゴリ

血液疾患患者の看護について。血液疾患の主な症状として、易感染症状、貧血、出血症状などがあり、全身症状の観察が必要である。貧血、感染、出血のそれぞれの症状に対して介助、食事、予防、教育など、適切な看護方法をまとめます。
看護計画作成の問題点、看護目標、看護計画立案について、それぞれ書き方や注意点などについてまとめます。RUMBAの法則、5W1Hにのっとって、看護支援内容を具体的に作成していきます。
全身麻酔が必要な手術後について、起こりうる術後合併症とその根拠。それぞれ深部静脈血栓症、肺血栓塞栓症についての術後観察項目についてまとめます。看護計画作成の参考などに・・・。
消化器手術後について、起こりうる術後合併症とその根拠。消化器:腸閉塞についての術後観察項目についてまとめます。看護計画作成の参考に...。
手術後について、起こりうる術後合併症(縫合不全、縫合不全、感染)とその根拠。それぞれ縫合不全、縫合不全、感染についての術後観察項目についてまとめます。
循環器手術後について、起こりうる術後合併症とその根拠。それぞれ循環動態の変動、後出血についての術後観察項目についてまとめます。
呼吸器手術後について、起こりうる術後合併症とその根拠。それぞれ無気肺、肺炎についての術後観察項目についてまとめます。
臥床時間が長い患者の看護計画の例です。シミュレーション患者を記録して看護計画を立ててみます。褥瘡形成のリスクが高いなど、臥床時間が長い患者の看護上の問題点、問題点の経緯と理由、看護計画の目標、OP、TP、EPなどについてまとめます。
食事摂取量が少ない患者の看護計画の例です。看護上の問題点、看護計画の行動目標、OP、TPなど。シャボンラッピング,喉のアイスマッサージ, 嚥下訓練,口腔ケア,唾液腺マッサージ,足浴などを行いました。
杖歩行が困難な患者の看護計画の例です。看護上の問題点:杖歩行の際、ふらつきがあり転倒の恐れがある。看護計画の目標、OP、TP、EP 評価など。