看護学生レポート » 母性看護 » 沐浴演習       

このページでは看護学生時代の学生レポートを載せています。間違った情報が載っていることもあります。コピペ提出はおすすめしません!

沐浴演習

新生児の沐浴を人形を使って演習しました。沐浴演習での手順、洗い方、臍帯の処置、ケアなどをまとめます。沐浴演習での手順、臍帯の処置など。

沐浴前の観察

沐浴を行う前に新生児の状態を観察する。

  • 熱の有無
  • 皮膚の状態、全身状態
  • 機嫌が悪い、体調など

沐浴の必要物品

  • ベビーバス
  • 温湯計
  • 石鹸(ベビーソープ)
  • 肌着
  • バスタオル
  • 沐浴布
  • ガーゼ
  • 綿棒

沐浴の留意点

  • 沐浴前に新生児の状態を観察し、沐浴可能か判断する。
  • 授乳直後は避ける。(または空腹時)
  • 沐浴時間は5分程度
  • 首がすわっていない場合、首をしっかり持って行う。

沐浴演習での手順

  1. 事前に肌着・浴衣・オムツをセットし、バスタオルをその上に広げる。
  2. 湯温を手で確かめる。(38℃~40℃)
  3. 沐浴布をかけ、足からゆっくり湯に入れる。
    baby_bath.jpg
  4. 目の汚れをしぼったガーゼで目じりから目頭に向けてふき取る。
  5. 石鹸を泡立て、顔を洗いしぼったガーゼでふき取る。
  6. 石鹸を泡立て、頭を洗う。
  7. 頸部→胸部→腕→腹部→足→陰部 を沐浴布をずらしながら洗う。
    鼠径部、脇、ひざ裏、指の間、あごの下、など皮膚が重なる箇所に垢がたまりやすい。
  8. 脇に手を入れて支え、うつ伏せにし、背部を洗う。
  9. 仰向けに戻し、かけ湯をしたらバスタオルにのせ体を拭く。
  10. 袖を先に通し、臍帯の処置を行う。(今回はガーゼで保護しました。)
  11. オムツをあて、肌着・浴衣を着せ、耳・鼻を綿棒でキレイにする。

臍帯の処置

出血があればガーゼをするが、基本は消毒だけで良いが、施設によって指導の方法などが様々。

recommend