看護学生レポート » 感想文例 » 病院見学を終えての感想文       

このページでは看護学生時代の学生レポートを載せています。間違った情報が載っていることもあります。コピペ提出はおすすめしません!

病院見学を終えての感想文

100床前後(一般病棟+療養病棟)の病院への見学実習を行った際の感想レポートです。

病院見学を終えての感想文

私は〇〇年に看護学校に入学するまでは医療に携わったことがありませんでした。両親が医療の現場に従事していたこともあり、病院に足を運ぶ機会は多かったのですが、自分自身が携わるようになって色々な発見があり、物事への考え方は大きく変化しました。

一見すると平穏に見える病棟ですが、そこには各スタッフの様々な苦労があり、多くの患者さんが病と闘っている姿がありました。
現状での看護学校での生活では全く見えてこない部分でした。
今回見学させていただいた病院で最初に気づいたのが、病院内の皆様がバタバタしておらず、病棟に穏やかな空気が流れていると感じたことです。初めての実習先で右も左も分からない学生が16名も来たのに対して嫌な顔もせず笑顔で「がんばってね」と励ましていただけた時は、この病院で初めての実習を受けることができるのを嬉しく感じたほどでした。今週から3週間、喜びだけではなく、おそらく辛いことや大変なこともあると思いますが、自分にとって、またチームメンバーにとっても良い学びとなる様、がんばりたいと思いました。

recommend