看護学生レポート » 基礎看護技術レポート » 臥床患者のリネン交換       

このページでは看護学生時代の学生レポートを載せています。間違った情報が載っていることもあります。コピペ提出はおすすめしません!

臥床患者のリネン交換

臥床患者のシーツ交換法をまとめたレポートです。臥床患者のシーツ交換についての目的、手順、留意点、必要物品、観察ポイントについてまとめます。病院によってやり方や手順は様々かと思います。

リネン交換の必要物品

綿毛布、下シーツ、枕カバー、掛けシーツ(上シーツ)、バスタオル、フェイスタオル、ウォッシュクロス、ほうき(毛布、スプレード)、ランドリーバッグ

リネン交換の準備

  1. あらかじめ患者に説明し、理解を得ておく。
  2. 必要物品を使用しやすい順にならべ、ワゴンにのせる。
  3. ランドリーバッグはベッドの足元側に配置する。
  4. ベッドの車輪を内側にし、ストッパーをかける。

リネン交換の実施

  1. スプレード、毛布を取り除き、イスにたたんでかける。 ※広げやすいように畳む。
  2. 綿毛布をかけながら、掛けシーツを足元に向かって取り除く。 ※汚れが少ない場合は横シーツとして再利用する。
  3. 側面→頭部の順で下シーツ、ラバーシーツ、横シーツをはずす。
  4. 患者を手前に少し寄せ、左側臥位にする。
  5. ラバーシーツの汚れは消毒液でしぼったウォッシュクロスで拭き乾いたタオルで拭きとる。
  6. ラバーシーツを患者の体にのせ、下シーツをホコリがたたないように丸めて患者の身体の下へ入れる。
  7. ベッドパットの上、下を頭側から足元にかけてほうきで掃く。
  8. 新しい下シーツをしく。
    ・中心線を合わせて広げる。
    ・頭側をマットレスのしたに入れ込み、三角折にする。
    ・反対側のシーツは扇子折にして患者の身体の下に押し込む。
    ・シワやたるみがないようにしっかりと引いて伸ばす。
  9. ラバーシーツをマットレスの下に入れ込む
    ・中心線がずれないようにし、シワを伸ばす。
    ・端をマットレスの下に入れ込む。
  10. 横シーツも同様にし、端をマットレスの下に入れ込む。
    ・中心線を合わせ、反対側は扇子折りにし、患者の下に入れる。
    【扇子折り】
    シーツ交換:扇子折り
    扇子折りにして患者の体の下にいれておけば、伸ばす際にシワが出来にくくなる。
  11. 患者を右側臥位にし、旧シーツを取り除く。
    ・ラバーシーツは反対側と同様にウォッシュクロスで拭き、患者の体にかぶせておく。
    ・反対側と同様にベッドパットの上下をほうきで掃く。
  12. 下シーツ、ラバーシーツ、横シーツを敷く。
    ・反対側と同様の手順で下シーツ、ラバーシーツ、横シーツを入れ込む。
  13. 患者を仰臥位にし、掛けシーツを広げ、綿毛布を取り除く。
  14. 足を圧迫しないように足元側のシーツを入れ込む。
  15. 毛布、スプレードを内側に、掛けシーツを外側に折り返して毛布を包み、整える。
  16. 枕カバーを足元側で新しいものに取り替える。
  17. 後始末をする。
    ・床頭台、イスなどを元に戻す。
    ・窓を閉める。
    ・ランドリーバッグ、ワゴン、物品を片付ける。

recommend