看護学生レポート » 基礎看護技術レポート » リハビリテーション rehabilitation とは       

このページでは看護学生時代の学生レポートを載せています。間違った情報が載っていることもあります。コピペ提出はおすすめしません!

リハビリテーション rehabilitation とは

リハビリテーション rehabilitation とは、病気ケガなどの後遺症から身体的機能回復、通常生活への復帰を支援する。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がそれぞれ協力してリハビリテーションを進めて行く。

リハビリテーションとは

病気やけがなどによって低下したQOLを身体的、精神的、社会的にも回復させる訓練、指導などのことである。身体的機能回復、通常生活への復帰を支援する。

リハビリの種類

理学療法士 PT physical Therapist

寝返り⇒起き上がり⇒立ち上がり⇒立位⇒歩行
患者に寄り添い徐々に訓練を進めて行く。
筋力の強化、ほぐしのストレッチなど
平行棒でのトレーニング。

心肺機能向上、体幹トレーニングなどの運動指導

生活動作への順応(トイレ動作、入浴、屋外での歩行)補佐。

器具などを装着し、痛みを和らげる、血流の改善、筋肉の収縮を促す電気刺激などを行う。
(超音波治療器、エルゴメーター、マイクロ波治療器、低周波治療器)

作業療法士   OT Occupaitional Therapist

指先などの細かい動作の補助
生活動作への順応(トイレ動作、入浴、屋外での歩行)補佐。

認知機能面への各種検査や訓練を行う。

言語聴覚士  ST Speech-Language-Hearing Therapist

コミュニケーション、認知能力障害への訓練。

食事、嚥下障害に対する訓練、口腔機能訓練(アイスマッサージや口腔周辺の筋肉トレーニング)、 嚥下訓練を行う。
摂食・嚥下障害があると誤嚥(誤嚥性肺炎、食べ物や胃の内容物が下起動に入る)、食欲低下による低栄養・脱水症状などの悪循環が起こる。

脳卒中などの後遺症(失語症)への視覚、聴覚、文字認識(言語カードなど)、家族とのコミュニケーションの改善などの訓練・指導を行う。

退院後の自宅生活

リハビリは退院後の在宅生活を見据え訓練を行う。退院後の生活の安全のため訪問チェックを行う。

recommend