看護学生レポート » 基礎看護技術レポート » 静脈内注射の実地       

このページでは看護学生時代の学生レポートを載せています。間違った情報が載っていることもあります。コピペ提出はおすすめしません!

静脈内注射の実地

静脈内注射の実地について。静脈内注射の目的、必要物品、留意点、手順と根拠、観察ポイントについてそれぞれまとめます。薬効作用は迅速、強力に作用するため、薬液注入後は患者の状態をよく観察する。副作用出現の早期発見につとめる。

静脈内注射の目的

  • 静脈内に直接薬液を注入する方法である。
  • 皮下注射、筋肉注射よりも速い効果が求められる場合、静脈内に薬液を直接注入する。

intravenous_injection_image.jpg

静脈内注射の必要物品

  • 指示簿
  • 薬剤
  • 注射器
  • 注射針(SB針、20,30G)
  • アルコール綿
  • ビニールシーツ
  • 処置用シーツ
  • 駆血帯
  • 肘枕
  • ディスポーザブル手袋
  • 絆創膏
  • 注射トレイ
  • 膿盆
  • 医療用廃棄ボックス

静脈内注射の留意点

  • 生体への直接的な影響、痛みを伴うため患者への説明、承諾を得てから始める。
  • 薬効作用は迅速、強力に作用するため、副作用を起こす場合を考慮しよく観察する。
  • 静脈内に大量の空気が入ると、肺塞栓を起こす危険がある。
  • 注入時には患者の状態を観察しながらゆっくり注入する。

静脈内注射の手順と根拠

1.指示簿の記載内容をよく確認する。

誤認防止のため、患者氏名、部屋番号、薬剤名、濃度、容量、用量、日時、方法 を確認する。

2.患者への説明

副作用、過敏症などの確認。患者の理解と承諾を得る。

3.無菌操作で薬剤を注射器に準備する。

感染予防のため。ディスポーザブル手袋をする。

4.血管の走行を確認して刺入部位を決める。

血管の走行を確認して刺入部位を決める

5.上腕の刺入部位より5cmほど上に駆血帯を締め、注射部位を怒張させる。

刺入時に針がひかからないように。
血管がはっきりしない場合は蒸しタオルで温める。

6.患者の親指を中にして手を握らせる。

静脈が怒張しやすくなり、血管を見えやすくする。

7.アルコール綿で刺入部位を消毒し、乾くまで待つ。

乾燥させることで消毒効果が増す。

8.刺入部位の皮膚を伸展させる。

皮膚を伸展させることで血管へ針を刺しやすくする。

9.10~20°で刺入する。

10.血液がシリンジ内へ逆流することを確認してから駆血帯をはずす。

駆血帯をはずすことで薬剤が血流へ流れ込む。

11.静かに薬液を注入する。

薬剤の血中濃度は急激に上昇しやすいため、ゆっくり注入する。

12.注入が終わったら、静かに針を抜きアルコール綿で止血する。

しっかり圧迫する。→内出血の防止

13.抜いた注射針は医療廃棄ボックスを捨てる。

感染防止のため。

静脈内注射の観察ポイント

  • 患者への静脈内注射への説明、承諾を得る。
  • 薬剤の確認。患者自身に氏名を名乗ってもらう。
  • 注射時の体勢に無理のないような体位をとり、安全に行う。
  • 薬液注入後は患者の状態をよく観察する。副作用出現の早期発見。

recommend