看護学生レポート » 基礎看護技術レポート » 持続的導尿~膀胱内留置カテーテル法~       

このページでは看護学生時代の学生レポートを載せています。間違った情報が載っていることもあります。コピペ提出はおすすめしません!

持続的導尿~膀胱内留置カテーテル法~

持続的導尿についての目的、手順、留意点、必要物品、観察ポイントについてまとめます。 膀胱内留置カテーテルは膀胱内にカテーテルを留置して持続的に排尿させます。(持続的導尿)導尿は自然排尿が困難である場合や尿閉の改善、生殖器、泌尿器の術後や出産時などに行われる。尿量の測定など。

膀胱内留置カテーテルの目的

  • 陰部清潔の保持
  • 尿閉のある場合
  • 生殖器、泌尿器の術後、出産後
  • 尿量の測定

膀胱内留置カテーテルの留意点

  • 禁忌:尿道腫瘍など
  • 無菌操作を徹底して行う。(二次感染、尿路感染の予防)
  • 粘膜を損傷しないよう行う。(細菌増殖による尿路感染)
  • 繰り返しの導尿は避ける。(尿道壁を傷つけ、感染が起こりやすくなる)
  • 排尿の自立を考慮し、長期の膀胱内留置は避ける(尿意低下、膀胱萎縮など)
  • 水分摂取量の把握
  • 患者の了解と協力を得て、プライバシーに配慮する。

膀胱内留置カテーテルの必要物品

滅菌物品

  • 膀胱内留置カテーテル(フォーリーカテーテルなど)
    膀胱内留置カテーテル,フォーリーカテーテル
  • 鑷子
  • 潤滑剤
  • ガーゼ
  • ゴム手袋
  • 絆創膏
  • 滅菌蒸留水
  • 注射器

その他

  • 防水シーツ
  • 綿毛布
  • 消毒用綿球
  • バスタオル
  • 膿盆
  • 懐中電灯(必要であれば女性の場合)

膀胱内留置カテーテルの手順

①患者に導尿を行うことを伝え、同意を得る。カーテンなどでプライバシーを保護する。

②手洗いをする。

③患者の体制を整える。

  • 寝衣は下半身だけ脱ぎ、タオルケットをかけ掛け物をはずして足元に扇子折りにする。
  • 防水シーツと処置用シーツを腰の下に敷く。
  • 患者は仰臥位で膝を立て、開く。

④物品の配置、準備

  • 足の下に尿器を用意する。
  • 滅菌導尿セットを操作しやすい位置に置く。
    ※滅菌物の上を汚染物が通らない様、同線に配慮する。
  • 滅菌手袋を装着する。

⑤尿道口の消毒

  • 消毒用綿球の準備をする。
  • 女性の場合、尿道口から肛門方向に向かってに拭く。
  • 男性の場合、尿道口~亀頭の周囲を円を描く様に拭く。
    ※消毒用綿球は1回ごとに捨て膿盆に捨てる。

⑥カテーテルを挿入する

  • カテーテルの先端に滅菌潤滑剤をつけ、反対側は尿器に挿入する。
  • 患者には口呼吸で全身の力を抜いてもらう。
  • 男性の場合、陰茎を垂直に持ち上げ、15cm~20cm程度挿入する。
    導尿,男性,膀胱,尿道断面図
  • 女性の場合、外陰部のひだを広げて、尿道口からやや斜めに4~6cm程挿入する。
    導尿,女性,膀胱,尿道断面図
    ※女性の場合、尿道口、膣口、肛門などがあるためよく確認して挿入する。

尿管・膀胱・尿道の構造と機能

⑦バルーンを膨らます

  • 滅菌水注入口へ注射器を接続する。(注射器の先は無菌的に取り扱う)
  • 滅菌蒸留水を5ml(カテーテルの表示にしたがった量)注入する。
  • 注入に抵抗がある場合は、尿道から膀胱へ抜けていない場合があるので、少しずつカテーテルを奥へ挿入し、滅菌水を注入する。
    ※バルーン部分の大きさは2cmほどであり、これを考慮してバルーン部分を膀胱内に入れてから滅菌水を注入する。
  • カテーテルを少し引いて抜けないことを確認する。
  • 尿道口から外へ出ているカテーテルを絆創膏で固定する。
    男性の場合:腹部あたりに固定
    女性の場合:大腿の上部あたりに

⑧後片付け、ケア

  • 患者の体勢、掛け物、寝衣を整える。
  • 蓄尿バッグを膀胱よりも下の位置になるように、ベッド柵の下部分に固定する。(蓄尿バッグからの逆流防止のため)
  • カテーテルのはずれの有無、漏れの確認を行う。
  • 患者の体動できる範囲を伝えておく。
  • 圧迫感や痛みなどの確認。

膀胱内留置カテーテルの観察ポイント

  • 排尿障害の随伴症状の観察
  • 下腹部膨満感
  • 自尿の有無
  • 挿入時の不快感、痛み(女性の尿道は4cmであり、深く入れすぎると膀胱内を損傷する)
  • 血液や浮遊物の有無
  • 残尿感の有無
  • バルーン内に注入した蒸留水の量を把握しておく。(尿量測定のため)

recommend