看護学生レポート » 基礎看護技術レポート » 包帯法のビデオを見て       

このページでは看護学生時代の学生レポートを載せています。間違った情報が載っていることもあります。コピペ提出はおすすめしません!

包帯法のビデオを見て

包帯法のビデオを見て。巻軸包帯、布きん包帯、複製包帯、胸帯、投石帯、硬化包帯、絆創膏包帯、眼帯、耳帯、チューブ包帯などについてまとめます。

包帯法の目的

被覆・圧迫・支持・固定・牽引・矯正

包帯材料の種類

  • 巻軸包帯
  • 布きん包帯
  • 複製包帯
  • 胸帯
  • 投石帯
  • 硬化包帯
  • 絆創膏包帯
  • 眼帯
  • 耳帯
  • チューブ包帯

基本的な巻き方

環行帯、らせん帯、蛇行帯、折転帯、亀甲帯、麦穂帯、反覆帯

巻き始め(環行帯

①尾を斜め上に向けて、巻く部位に置き、尾の端を軽く押さえる。

②右手で帯頭を持ち、転がすように一巻きする。

③尾を折り返し、さらに一巻きして固定する。

  • 環行帯...巻軸帯での巻き始め、巻き終わりに行う。
  • らせん帯...らせん状に同間隔で巻き進む。1/2重ねると2重、2/3重ねると3重になる。
  • 蛇行帯...ガーゼや副子を固定する時使う。包帯を重ねず等間隔で巻く。
  • 折転帯...らせん帯の一種で、身体の輪郭に沿って密着させるため、包帯を折り返しながら巻く。
  • 亀甲帯...離開亀甲帯と集合亀甲帯がある。関節の屈曲・伸長がある程度可能。
  • 麦穂帯...亀甲帯とは反対に伸側を交差させる。肩関節、股関節、項部等で使う。
  • 反覆帯...指、頭部など端の部位を覆う。中央から両端に広げていく。

布巾包帯

三角巾、四角巾、腹帯、T字帯 等
腹帯は右前にする。

ネットチューブ包帯

頭頂部を結び、残りを頭部にかぶせ、中央を切りあごの下で結ぶ。

包帯交換

原則

  • 目的の達成
  • 感染予防
  • 循環障害の予防
  • 運動障害の予防
  • 外見が美しく、患者に配慮し、安全・安楽である。

注意点

  • 無菌操作を厳守
  • 医師、看護師の実施前後の手洗い
  • ベッドや体に触れてはずれない位置で留める。

感想

今回のビデオと、事前学習で今まで知らなかった多くの巻き方を知る事ができた。まだ実際に巻いた事がなく、どのような症状にどの巻き方が適しているのか等、身に付けるべき知識がたくさんあるので、これから演習や実習などで学び、正しく美しい包帯法を習得したい。

recommend