看護学生レポート » 解剖生理疾患レポート » 尿管・膀胱・尿道の構造と機能       

このページでは看護学生時代の学生レポートを載せています。間違った情報が載っていることもあります。コピペ提出はおすすめしません!

尿管・膀胱・尿道の構造と機能

尿道,膀胱,尿管についての解剖図、構造と機能。膀胱は蓄尿(尿を貯める)するための器官であり、逆流させないで適当な内圧が得られれば尿意を感じる。

尿管・膀胱・尿道の構造と機能について解剖図に沿ってまとめます。

尿管,膀胱,尿道

尿管

尿管は腎臓の腎盂から膀胱まで尿を運ぶ。長さは25cm~30cmほど。

尿管は平滑筋からなり、たえず蠕動運動をして尿を運んでいる。

膀胱

女性,断面図,膀胱,尿道,子宮,恥骨,尿道口

膀胱は蓄尿(尿を貯める)するための器官であり、逆流させないで適当な内圧が得られれば尿意を感じる。

  • 蓄尿反射...尿意感が大脳に伝わり、膀胱の平滑筋は弛緩、内尿道括約筋が収縮する。(袋を緩めて、口を締めることで蓄尿する)
  • 排尿反射...大脳で橋排尿中枢の抑制を解除する。排尿筋を収縮させ尿を残さず排尿する。

膀胱壁は3層の筋層からなる。

膀胱の内面は移行上皮の粘膜に覆われている。

尿管

膀胱内の尿道口から外尿道口に続いており、直径1cm以下、女性で3~4cm、男性で16~20cmほどである。

recommend