看護学生レポート » 解剖生理疾患レポート » 肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓の疾患       

このページでは看護学生時代の学生レポートを載せています。間違った情報が載っていることもあります。コピペ提出はおすすめしません!

肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓の疾患

肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓の疾患、急性肝炎、胆管癌、急性膵炎などについてまとめます。感染経路、ワクチン、ブースター効果、治療法など。

急性肝炎

A型肝炎

A型肝炎ウイルス(HAV)に感染して発症。

経口感染(カキなどの魚介類で感染する。)ワクチンがある。症状は黄疸など。慢性化しない。

B型肝炎

B型肝炎ウイルスに感染して発症。潜伏期間1ヶ月~6ヶ月。

感染経路

  • 水平感染...性行為、輸血、臓器移植、針刺し事故
  • 垂直感染...母子感染(経胎盤、経産道、母乳)
  1. 出産後48時間以内に抗HBsヒト免疫グロブリン(HBIG)投与
  2. 2ヵ月後、再度HBIGとワクチンを投与
  3. 生後3ヶ月で再度ワクチンを投与
  4. 生後5ヶ月目に再度ワクチンを投与

慢性化 → 肝硬変 → 肝臓癌

HBe抗原(+)の人からは30~40%感染してしまう。

ワクチン

  • 生ワクチン...生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたワクチン。麻疹、風疹、おたふく等 免疫がつきやすい。
  • 不活化ワクチン...ホルマリンで不活化したワクチン。ヒブ、肺炎球菌、日本脳炎、B型肝炎、インフルエンザなど。免疫がつきにくい。

ブースター効果

1~4週間   6ヶ月後
---------------⊥-- ------------------------
1回目 2回目 3回目
免疫が記憶する ↑記憶が蘇る

C型肝炎

C型肝炎ウイルス(HCV)に感染して発症。潜伏期間:2週間~16週間。

感染経路:輸血、注射、針刺し事故、刺青などの血液感染

検査:GOTやGPTの値が上がる。HCV抗体を調べる。

ウイルスの外郭が次々と変異するため、ワクチンが作れず排除できない。
慢性化 → 肝臓の瘢痕化 → 縮んで硬くなる(肝硬変) → 門脈圧亢進症、肝臓癌

治療法

目的...慢性肝炎の沈静化、肝硬変や肝臓癌の阻止。
インターフェロン治療

D型肝炎

血液感染だが、B型肝炎ウイルス感染者にしか感染しない。

E型肝炎

シカ、イノシシの生肉、豚肝から感染する。まれに重症化する。妊婦の場合、重症化しやすく劇症肝炎となる場合もある。

劇症肝炎

肝性脳症、肝性昏睡 → 血漿交換(1日40パック 5~6時間) 延命するだけで完治しない。

門脈圧亢進症

症状

  • 門脈圧上昇
  • ヒトタンパクを造れなくなり、血液中の水分があふれ出る。→浮腫・腹水
  • 出血が止まらなくなる。易出血。
  • 代謝障害 → 肝性昏睡
  • 門脈圧上昇 → 逆流 → 食道静脈瘤

アルコール性肝障害

アルコールの過剰摂取 → 脂肪肝 → γ-GTP上昇

肝臓癌

治療方法

手術、抗がん剤、ラジオ波(3cmまで)による治療。

※肝臓は10%が働いていれば生きていける。10%以下になると黄疸が出る。 → 非代償性肝硬変

胆嚢の疾患

胆石症

エコー検査にて検出。

胆嚢炎

胆石が原因でおこる。

胆管炎

重症。

tannnou1.jpg

胆管が化膿すると急性化膿性胆管炎(高熱・黄疸・エンドトキシンショック)

胆嚢癌

早期発見はまだ少なく手術成績も悪い。

胆管癌

tannnou2.jpg

合流障害が起こると膵液が総胆管に逆流してしまう。

膵臓の疾患

膵炎

  • 急性膵炎...アルコールや胆石症によって起こる。アルコールの場合は禁酒、胆石症の場合は胆嚢摘出。
  • 慢性膵炎...多くはアルコールによって起こる。
  • 自己免疫性膵炎...自身の膵臓を攻撃する因子が体内に出現して起こる。

膵臓癌

消化器ガンの中でも最も予後が悪い。
早期発見が困難でさらに進行が早い。

急性膵炎

tannnou3.jpg

胆石などで詰まったりすると流出が阻害され、自己消化が起こる。

カレン徴候、グレイターナー徴候がおこる。

慢性膵炎

糖尿...インシュリンが出なくなる。
低血糖...グルカゴンが出なくなる。

禁酒が原則

recommend