看護学生レポート » 解剖生理疾患レポート » 主な検査と介助       

このページでは看護学生時代の学生レポートを載せています。間違った情報が載っていることもあります。コピペ提出はおすすめしません!

主な検査と介助

膵外分泌,放射線,MRI,超音波検査,内視鏡,肝臓の検査 概要

便

便に血液が混じる⇒大腸がんの可能性

鮮血便の場合、、腸管からの出血を疑う。

膵外分泌

  • トリプトシン
  • キモトリプシン
  • アミラーゼ
  • リパーゼ etc

放射線

単純撮影 ⇒ 通常のレントゲン

血管造影検査 ⇒ 血管に造影剤を入れて撮影。ガン、腫瘤性病変の診断
※造影剤によるアレルギー⇒ショック⇒嘔吐⇒窒息
                 ⇒咽頭浮腫⇒窒息
そのため、検査前は絶食が基本。

シンチグラフィー...放射性同位元素を投与(静脈注射)
             検査する臓器に適したものを入れる。対象部位に集まり、病変を発見。

MRI(magnetic Resonanse Imaging)

核磁気共鳴装置

体内の水素が同じ方向を向く
    ↓
元に戻る際の様子を撮影し検査
※金属はつけてはいけない。ラメ素材のアイシャドウなどで映像が乱れる。

PET(Positron Emission Tomogorophy)

陽電子放射断層撮影

一度の検査で全身を調べることができる。

ガン細胞は増殖する際ブドウ糖を必要とする。
                ↓
          放射性のブドウ糖を与える
                ↓
          ガンに集まり発見できる。

エコー 超音波検査

液体に音波を当て、帰ってくる音波を計測して映像を作る。
気体を伝わり難いため、空気のある箇所(肺など)には向かない。

内視鏡

大腸の検査時、穿孔が生じる場合がある。
大腸内は菌が多いため、6時間以内に手術が必要。

肝臓の検査

  • 血液検査
  • 病理学的検査
  • 超音波検査
  • 放射線検査
  • 肝弾性度測定

recommend